2010年04月27日

山手線田端駅で人身事故、運転見合わせ(読売新聞)

 24日午後1時59分頃、JR山手線田端駅で人身事故が発生した。

 この影響で、山手線は内・外回りとも運転を見合わせているほか、京浜東北線が上下線で一時運転を見合わせた。

本四道路「独自に割引」 国交相 自治体交付金を原資(産経新聞)
高速新料金再見直し「無料化と矛盾させない」と首相(産経新聞)
鳩山政権 末期症状 5月退陣説も(産経新聞)
仕分け対象の独立行政法人と事業(2)(産経新聞)
携帯4万円値上がり? 「SIMロック」、解除の利点強調も拡大は疑問(産経新聞)
posted by テルイ ジュン at 18:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

<伊香保温泉>石段を70メートル延伸 「石段街」、県道からくっきり(毎日新聞)

 群馬県渋川市の伊香保温泉で22日、石段の延伸工事完工式が開かれた。階段を約70メートル下側に延ばしたことにより、同温泉のシンボル「石段街」が、階段下を走る県道からくっきりと見えるようになった。

 石段の延伸は、渋川市の伊香保温泉再生事業の一環。従来は県の研修保養施設「観山荘」に遮られ、県道から石段街を望めなかったが、市はこの施設を約4億3600万円で取得。「温泉再生の起爆剤に」と跡地に石段を延ばした。新しい石段街は広場部分(38段)を除き、従来の352段から365段になった。

 伊香保温泉観光協会の千明三右衛門会長は「石段の場所が分かりにくいという声が多かったが、歩きに来てくれる観光客が増えると思う」と話した。【鳥井真平】

【関連ニュース】
「アイリス」ブームに期待 国内放送開始、アジアでも /秋田
韓国女優ら2人、TV撮影で青森に
下呂温泉観光ナビ:「夏・秋編」観光協会が発行
高千穂鉄道:「列車の宿」で復活 足湯や森林浴楽しんで−−日之影温泉駅
温泉:鉱石やセラミックボール入れても温泉なりません 国民生活センター、商品テスト

ポルシェ監査役会を増員、VWから新任多数(レスポンス)
<中国毒ギョーザ>中国側捜査員月内にも来日(毎日新聞)
70年の歴史糧に精進へ 琉球箏曲興陽会、国内外1200人集う
公明幹事長、米軍基地移設問題で「責任の取り方を注視」(産経新聞)
起し太鼓 1000人の裸男が激しく攻防…岐阜・飛騨(毎日新聞)
posted by テルイ ジュン at 09:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

高速料金見直し、首相「国会で」…調整不足認める(読売新聞)

 鳩山首相は22日夜、前原国土交通相が6月から導入すると発表した高速道路の新たな料金制度に与党から反発が出ている問題について、「国会の場で真剣に議論していただき、もし見直すことが必要であればその結論を見いだしていく」と述べ、国会の審議を踏まえて新料金制度を修正する方針を表明した。

 首相官邸で記者団に語った。首相が、担当閣僚の決定を党の求めに応じて見直す方針を示したことで、鳩山政権が掲げる「政策決定の内閣一元化」は根幹から揺らぐ事態となった。

 首相は「必ずしも党と政府ですべての考え方が一致していなかった側面はある」と政府・与党間の調整不足を認めた。同時に「国民の意見、党の考え方に基づいて大いに審議をし、変えていくというのは、新しい政治の姿としてあってしかるべきだ」とも強調した。

 新料金制度をめぐっては、民主党の小沢幹事長が21日に首相に見直しを求め、首相が再検討する方針を示していた。

 これに対し、前原国交相は22日昼、首相官邸で鳩山首相と会談した後、国交省内で記者団に対し、新料金制度について「現時点において見直しは行わない」と述べ、新料金制度の撤回にはただちに応じない考えを明言した。ただ、「国権の最高機関である国会における審議を踏まえ、国交省で総合的に検討させていただく」とも語り、国会の求めに応じた見直しであれば容認する姿勢を示した。

 前原氏は党内で小沢氏と距離を置いており、小沢氏の求めに応じた新料金制度の再検討に反発して辞任する可能性も取りざたされたが、前原氏は「私どもの考え方は首相、官房長官に了承されたわけだから、(閣僚を)続けさせていただきたい」と述べ、辞任を否定した。

 一方、小沢氏は22日夜、鹿児島市での民主党鹿児島県連の会合であいさつし、新料金制度について「国政に関しては発言しないようにしているのだが、昨日は高速道路の問題で、『小沢の野郎がなんだかんだ言った』といってマスコミが騒いでいる。まあ、私がみんなを代表して、発言したことは間違いない」と述べ、新制度見直しを求めたのは党の総意であると強調した。

 新制度をめぐっては、現行料金から実質的に値上げになるケースが多いため、参院選を控え、党内から異論が噴出。閣内でも仙谷国家戦略相が見直しを求めていた。

「私もぼやぼやしていられない」と自民・谷垣総裁(産経新聞)
<長島一由議員>選挙運動費に整体や散髪代支出 報告書修正(毎日新聞)
首都高でもエコカー割引検討=新料金制で、前原国交相(時事通信)
民主岐阜県連、体制刷新求め党本部に意見書(読売新聞)
<北名古屋市長選>長瀬氏が再選 愛知(毎日新聞)
posted by テルイ ジュン at 05:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。